小学生 ムダ毛処理

ムダ毛で悩んでいるのは大人だけじゃありません

お母さんにムダ毛の相談をする女の子

「小学生のうちからムダ毛の処理なんて必要ない!」と思っているお母さんもいるかもしれませんが、子供にとってムダ毛や体毛の悩みは大人が考えている以上に深刻な問題です。

 

例えば、ご自分が子供だったときの事を思い出してみてください。

 

小学生の頃は相手が気にしていることを平気で口にする子供もいますよね。

 

なので、他の子よりちょっとでも毛深かったり体毛が濃かったりすると「女のくせに毛深い」などとクラスの男の子たちにからかわれたり、ひどいケースでは「いじめの対象」になるなど大きなショックを受けているお子さんも少なくありません。

 

また、春から夏にかけてはムダ毛や剛毛に悩んでいる子供にとって、かなりストレスになるシーズンです。

 

なぜなら、長袖の服を着ている間はムダ毛を隠せますが、暑くなってくるに従って肌の露出も少しずつ増え、更に学校でプールも始まるなど精神的な負担がとても多くなってくるからです。

 

女の子イラスト

大人だってストレスが溜まってくると、身体や心に少しずつ悪い影響が現れてきて、そのまま放っておくと体調を崩してしまうこともありますよね。

 

大人に比べて心身ともにデリケートな子供にとって、ストレスは無気力や引きこもりの原因にもなりかねませんし、「胃痛」や「円形脱毛症」「不眠症」などにつながる恐れもあるのです。

小学1年生の子供でも自分の「毛深さ」を気にしてます!

「Benesse教育情報サイト」で実施した子供のムダ毛に関するアンケートによると、自分の毛深さを気にしているお子さんがとても多いことがわかります。

 

毛深さの悩みを抱えている子供は高学年になるほど多く、「夏に半袖や水着を着る際、毛深さについてお子さま自身は気にしていますか?」という設問に対し、小学5年生では15%、小学6年生では20%以上が「自分の毛深さを気にしている」と回答しています。

 

小学生毛深さの悩みアンケート結果

出典:ベネッセ教育情報サイト 子どものムダ毛処理、うちはこうしています!

 

それに比べて低学年では毛深さに悩んでいる子は多くないように感じられますが、それでも小学1年生で約5%、小学2年生以上になると10%以上の子供がムダ毛を気にしているという結果が得られています。

ムダ毛の悩みを一日も早く解決するために

ムダ毛に悩む小学生

 

どうして私は、どうして僕は、他の子よりも毛深いんだろう・・・と悩んでいても、子供はその悩みを自分で解決することができません。

 

そのままムダ毛の処理を行わない限り、小学校生活の6年間、中学校生活の3年間と、いつまでも悩みを抱え続けることになるのですから、子供にとってはかなり深刻な問題になる可能性があります。

 

出来るだけ早くムダ毛の悩みを解決しておかないと、不登校になったり内気な性格になって、楽しいはずの学校生活が台無しになることも。

 

取り返しのつかないことになる前に、我が子を悩みの淵から救ってあげるためには、一番身近にいるお母さん、お父さんの協力が必要です。

 

お子さんのデリケートな肌にも安心のムダ毛処理は、こちらのページで解説していますので、ご覧になってみてください。
コチラ 小学生の子供に最適なムダ毛処理の方法とは?