子供の体毛を薄くする方法

お母さんにムダ毛の相談をする女の子

 

「小学生のうちからムダ毛の処理なんて必要ない!」と思っているお母さんもいるかもしれませんが、子供にとってムダ毛や体毛の悩みは大人が考えている以上に深刻な問題です。

 

例えば、ご自分が子供だったときの事を思い出してみてください。

 

小学生の頃は相手が気にしていることを平気で口にする子供もいますよね。

 

なので、他の子よりちょっとでも毛深かったり体毛が濃かったりすると「女のくせに毛深い」などとクラスの男の子たちにからかわれたり、ひどいケースでは「いじめの対象」になるなど大きなショックを受けているお子さんも少なくありません。

 

また、春から夏にかけてはムダ毛や剛毛に悩んでいる子供にとって、かなりストレスになるシーズンです。

 

なぜなら、長袖の服を着ている間はムダ毛を隠せますが、暑くなってくるに従って肌の露出も少しずつ増え、更に学校でプールも始まるなど精神的な負担がとても多くなってくるからです。

 

女の子イラスト

大人だってストレスが溜まってくると、身体や心に少しずつ悪い影響が現れてきて、そのまま放っておくと体調を崩してしまうこともありますよね。

 

大人に比べて心身ともにデリケートな子供にとって、ストレスは無気力や引きこもりの原因にもなりかねませんし、「胃痛」や「円形脱毛症」「不眠症」などにつながる恐れもあるのです。

 

子供に最適なムダ毛処理の方法とは?

ムダ毛処理の注意点

 

肌の露出が多くなる夏は大人の女性にとっても、小学生や中学生の女の子にとってもムダ毛が最も気になる季節。

 

夏が近づいてくるとテレビでも脱毛用カミソリなどのCMが増え始め「さあ!今すぐムダ毛処理を始めましょう!」と言わんばかりです。

 

大人の女性であればカミソリや電気シェーバー、あるいは毛抜きを使って一気にムダ毛の処理をするのもアリかもしれません。

 

でも、こういった肌に負担がかかるようなムダ毛処理はあくまでも大人の女性向き。

 

大人に比べて肌のバリア機能が弱い子供には絶対に勧められません。

 

確かにカミソリや電気シェーバーはムダ毛を一気に処理できるのでとても便利です。

 

しかし、その反面で肌にダメージを与えやすく肌荒れや黒ずみの原因になるという大きなデメリットがあります。

 

肌の黒ずみは一度できると治りにくいものですし、ただでさえムダ毛で悩んでいるお子さんに黒ずみの悩みまで抱えさせるのはあまりにも可哀想というもの。

 

ですから子供のムダ毛処理は手軽な方法を使って短時間、短期間で済ませるのではなく、多少時間がかかっても肌に安心・安全な方法を取るべきです。

 

では、どんな方法が子供のムダ毛処理に適しているかというと、一番おすすめの方法はズバリ「抑毛剤」です。

 

 

子供のムダ毛処理には抑毛剤がオススメ!

 

自宅で簡単手軽に行えるムダ毛のお手入れ方法といえば、多くの方が思い浮かべるのは脱毛剤ではないでしょうか。

 

確かに脱毛剤を使用したムダ毛処理は大人の女性には馴染みのある方法ですよね。

 

でも、これを子供の肌に使うのは少々考えもの。

 

なぜなら、小さな子供にとって大人用の脱毛剤は痛みや臭いといった刺激を伴うことがあるからです。

 

そこで、おすすめなのが「抑毛剤」です。

 

抑毛とは読んで字の如く「毛の発育を抑える」ということで、ローションやジェルなどの抑毛剤を肌に塗ると、濃いムダ毛が徐々に薄く細くなっていきます。

 

抑毛剤は毛の発育を抑えることを目的としているため、脱毛剤や除毛剤のような即効性はありません。

 

しかし、いきなりムダ毛が綺麗サッパリ無くなると「あの子、昨日まであんなに毛深かったのに」とからかわれる原因にもなりかねません。

 

そういった面を考慮しても子供には自然にムダ毛が目立たなくなっていく抑毛がおすすめなのです。

 

また多くの抑毛剤が美容成分を配合しているので、肌に優しくダメージが少ないだけでなく保湿ケアもできるというメリットがあります。

 

 

抑毛剤の効果はどのくらいの期間で出てくるの?

 

抑毛剤は使ってすぐに効果が現れるものではなく、継続して使っていくうちに少しずつムダ毛を目立たなくしていくというもの。

 

ですから、抑毛剤を使ったムダ毛処理は薄着の季節が来てから始めるのでは遅すぎます。

 

夏に向けてツルツルの綺麗な肌を目指すなら、秋から冬の時期にお手入れを始めるのが理想的です。

 

一般的にムダ毛処理といえば「夏にするもの」というイメージが強いと思いますが、抑毛剤を使ってケアする場合はどうして秋から冬の時期に始めるのか?その理由は毛には生え変わるサイクルがあるためです。

 

女の子イラスト

人間の毛は「成長初期→成長期→退行期→休止期」というサイクル(毛周期)を繰り返しながら生え変わっています。

 

 

抑毛剤は毛根の働きを弱めてこの毛周期を遅らせるものなので、産毛のような薄く目立たない毛になるまでにはある程度の時間が必要になります。

 

ムダ毛の悩みに笑顔でサヨナラ

なお、毛が生え変わる周期は人によって若干異なるため個人差があります。

 

そのため抑毛剤を使用してから満足する効果が現れるまでには少なくとも3ヶ月〜6ヶ月はかかると思ってください(もちろん使い続けているうちに少しずつ腕や足のムダ毛に変化は現れます)。

 

それを考慮して抑毛ローションや抑毛ジェルでムダ毛処理を行う場合は秋冬の時期から始めて長期的にケアするのが理想的です。

 

春頃から始めても夏までに抑毛効果を実感できますが、余裕を持って9月、10月頃から始めれば次の年の夏にはきっと毛深かった腕や足も気にならなくなるはずです。

 

抑毛は長期目線でのケアが必要になりますが、しっかりと根気よく続ければ必ず効果は出てきます。

 

そして何よりも毛深いことで悩んでいたお子さんに明るい笑顔と積極性が戻ってくれたら嬉しいですよね。

 

子供のムダ毛処理は「薄着の季節になってから」「学校でプールが始まってから」では遅すぎますので、できるだけ早めに取り組んでください。

子供の肌に安心して使えるコントロールジェルME

コントロールジェルME 公式サイト画像

 

コントロールジェルMEはムダ毛に悩む小学生のお子さんを抱えているご家庭で大好評の抑毛ローションです。

 

天然植物成分が原料のジェルなので肌に負担がかからず、子供のムダ毛ケア用品では圧倒的な支持を得ています。

 

ジェルを塗るだけでムダ毛が赤ちゃんのウブ毛のように変化していくのでとても自然。


小学生のお子さんでも簡単!毎日、お風呂上がりにジェルを塗るだけの簡単1分ケア。手軽にムダ毛のお手入れができます。


しかもコントロールジェルMEは安心の全額返金保証付き。返金保証は開封後でもご使用後でも大丈夫!とことん試して効果を実感できます(初回購入60日間の全額返金保証)。


毎年、新たなムダ毛処理用品が登場しますが、ほとんどの商品が悪評とともに消えていきます。

 

そんな中でコントロールジェルMEは製造・販売を開始してからから24年もの長い間、安定して売れ続けている超ロングセラー商品です。

 

 

販売実績45万本突破!コントロールジェルMEのここが凄い

 

口コミでも話題のコントロールジェルMEには以下のような特長があります。

 

●お風呂上がりにジェルを塗るだけの簡単1分ケア!
コントロールジェルMEの人気の理由は、手間がかからず簡単に使えること。毎日、お風呂上がりにムダ毛が気になるところにコントロールジェルMEを塗るだけでお手入れ完了です。時間もかからず簡単なので小学生のお子さんでも自分でムダ毛のケアができます。

 

●抑毛成分でムダ毛の発育をコントロール!
コントロールジェルMEは除毛クリームのように皮膚の表面に働きかけるものではありません。毛根にしっかりと抑毛成分を浸透させて安全にムダ毛の発育を抑制します。ムダ毛がいきなり全てなくなるのは周りから見ても不自然ですが、コントロールジェルMEはムダ毛を少しずつ細く薄くしていくのでとても自然です。

 

●赤ちゃんのような細くてやわらかいウブ毛に!
コントロールジェルMEを毎日塗り続けていると今生えているムダ毛が徐々に細くやわらかくなっていきます。4週間〜6週間ほどジェルを塗り続けてムダ毛が完全なウブ毛の状態に変わったら、あとは3日に1度のお手入れをするだけで大丈夫です。

 

●高品質な天然植物成分が原料なのでお子様にも安心!
除毛剤や脱毛クリームには化学成分を使用したタイプが多いですがコントロールジェルMEは天然由来成分のみ使用。抑毛成分として知られているダイズエキスやヒオウギエキスなど、高品質な天然植物成分が原料なのでお肌へのダメージゼロ。痛みや臭いもなく敏感肌の方や小学生のお子さんにも安心してご使用いただけます。

 

●ムダ毛ケアと紫外線対策が同時にできる!
コントロールジェルMEはグリセリンやBG(ブチレングリコール)などの保湿成分の他に、日焼けした肌を鎮静するケープアロエエキスやボタンエキス、セージエキスを配合。このうちケープアロエエキスは紫外線吸収作用がある成分で、紫外線を防止するための日焼け止め化粧品にも配合されています。

 

●31種類の美容成分を含んだハイレベルな抑毛ジェル!
コントロールジェルMEはムダ毛をケアする抑毛成分の他にヒアルロン酸やローヤルゼリーエキスなど31種類の美容成分を含んでいます。洗顔後に塗れば顔のウブ毛ケアと化粧水の役割も果たしますので「スキンケアや除毛に時間がかけられない」というママにも最適です。

 

●安心して使える60日間の全額返金保証付き!
どんなに評判のいい商品でも、まだ一度も試したことがない方にとっては「使ってみたいけど、もしも効果がなかったら・・・」という不安があると思います。そんな方たちにもコントロールジェルMEを安心して使っていただけるように、初めてのお客様には100%返金保証を付けています。万一お肌に合わなかった場合や継続して使っていても効果が得られなかったという場合は、商品が届いた日から60日以内であればコントロールジェルMEを使い切っても商品代金を返してもらえます。

 

 

コントロールジェルMEの口コミ・評判(愛用者の声)

 

既にコントロールジェルMEを愛用している方たちの感想をご紹介します。

 

●忙しい主婦の頼もしい味方(20代 女性)
今までは市販の除毛クリームを使ってムダ毛を処理していました。でも、顔には使うことができずに悩んでいたところ、コントロールジェルMEのことを知りました。ジェルを使い始めてから1週間程度で毛の1本1本が細くなっていることに、まず驚きました。このジェルは浸透力があるので必死になって肌に塗りこむ必要がなく、べたつかないからすぐに服を着られるのも嬉しいポイントです。しかもコントロールジェルMEには美容成分も入っているということで、抑毛とお肌の手入れが一緒にできるなんて忙しい主婦にとても頼もしい味方です。

 

●男性でも問題なく使えます(30代 男性)
スネ毛やお尻の毛が濃くて悩んでいる男性です。コントロールジェルME以外にも一度の処理でツルツルに脱毛できるクリームを候補に考えていましたが、副作用なんかが怖いので安全なこちらの商品にしました。実際に使ってみた感想ですが、脱毛ではなく抑毛なので自然にいい感じに毛が残るといった感じです。女性よりも男性のほうが毛が太いので効果が出るまでの時間はかかりますが、完全にツルツルにするのではなく薄くしたいという男性の方におすすめです。

 

●顔のウブ毛が目立たなくなった(30代 女性)
顔のウブ毛で悩んでいました。口の周りは、ほとんど毎日剃っていたほどです。ウブ毛に変化が出てきたのはコントロールジェルMEを使ってから1ヶ月くらい経った頃で、頬やおでこのウブ毛が薄くなってきた感じがしました。2ヶ月後には顔のムダ毛が全て抑制されている感じで、剃らなくても目立たないほどになりました。3ヶ月を経過したあたりでは口の周りのウブ毛もかなり薄くなり、改めてコントロールジェルMEの効果を実感しました。

 

●夏場はかなり使えますね(20代 女性)
肌が弱いタイプなのでムダ毛の処理にはけっこう気を使ってます。今まで様々なメーカーの除毛クリームや脱毛剤を試してみましたが、刺激がなくて、それでいて効果があるというものに出逢えませんでした。コントロールジェルMEも使い始めは半信半疑でしたが、肌のトラブルもなく私に合っていると実感しています。一度毛が薄い状態になると放置しておいても効果が長続きしますし、抑毛だけでなく美肌や美白、紫外線予防などの効果があるので夏にはかなり使えますね。ちなみにコントロールジェルMEは楽天市場やAmazonでは買えませんよ。

 

●値段は高いが効果には大満足(30代 女性)
コントロールジェルMEは塗るだけのケアなので面倒くさがりの私にはぴったりです。使い始めた頃は効果が感じられませんでしたが、2週間くらい続けていると少しずつ効果が出てきました。でも植物成分のわりには効果が早く出てきたかなと思ってます。値段はちょっと高いですがパフォーマンスには大満足です。

 

●2ヶ月目にムダ毛が薄くなったと実感(20代 女性) コントロールジェルMEはローションタイプではなくジェル状なので垂れずに塗りやすいです。肌にも馴染みやすく塗りムラにもなりにくいですね。効果のほうは使って1ヶ月で腕の毛がなんとなく薄くなってきたような感じがしました。2ヶ月が経過した頃には、かなりムダ毛が薄くなってきたとハッキリ実感できるようになりました。毛の濃さによって個人差があると思いますが、抑毛剤を初めて使う方、どれにしようか迷っている方にコントロールジェルMEはおすすめです。

 

●安心して修学旅行に行けました(40代 女性)
我が家の高校生になった娘は毛深い体質です。特に背中のムダ毛で悩んでいました。このたび修学旅行があるということでコントロールジェルMEを購入。あれほど濃かった背中のムダ毛が使い始めて3週間ほど薄くなり、ほとんど気にならない状態になりました。修学旅行ではクラスの子たちと一緒にお風呂に入らなければならないので、体毛が濃い子は憂鬱だと思います。うちの場合は早めに対応しましたので娘もホっとしています。

 

※最近は、子供のムダ毛処理に愛用している方の口コミが増えています

 

 

コントロールジェルMEが効かない人もいるって本当?

 

既に愛用している方たちの口コミを見ると大変評判の良いコントロールジェルMEですが、やはり効果の現れ方は人それぞれです。使い始めてから1週間くらいで効果が出たという人がいる一方で、2ヶ月継続してようやく効果が実感できたという人もいます。

 

このように人によって効果の差はありますが、いずれにしてもムダ毛の悩みは少しずつ解消していますので、結果的には皆さんコントロールジェルMEの効果には納得していると言ってもいいと思います。

 

女の子イラスト

ただしコントロールジェルMEを使った全ての人が必ずしも納得できるような結果が出ているとは限りません。実際、口コミの中には以下のような意見もありますので、ぜひ参考にしてください。

 

●効果はありますが毛はまた生えてきます(30代 女性)
雑誌やネットでかなり期待できる情報があったので中学生の子供と私で使ってみました。毎日お風呂上りにコントロールジェルMEを塗り続けたところ、1ヶ月半くらいで毛が細いウブ毛状態に変化。でもコントロールジェルMEは除毛ではないので、また毛は生えてきます。毛深い人ほど確実に生えてくると思います。ただし繰り返し塗ることでケアの頻度が少なくなり、徐々にですがどんどん細いウブ毛になる様子がわかります。

 

●薄くなってきたのは実感していますが(20代 女性)
確かに刺激はなく、しっとりとした使い心地で化粧水としても良いと思います。私の場合、腕と足に使ってみましたが完全にムダ毛が生えなくなるわけではないですね。でも薄くなってきたのは実感しています。ただ使って2週間経ちますが、ネット上の口コミで言われているほどの効果は感じられなかったというのが正直なところです。コントロールジェルMEは継続して使うほうがいいみたいですが、続けるかどうか悩んでいます。この商品のメリット?は返金制度があること。そこはありがたいですね。

 

上記のようにコントロールジェルMEは「効かない」とか「効果が感じられない」等の意見をネット上でたまに見かけますが、多くの方がコントロールジェルMEに対して「脱毛クリーム」のような効果を期待しているようです。

 

あくまでもコントロールジェルMEは抑毛剤ですので、使ってすぐに体に生えているムダ毛が消えて無くなるというものではありません。

 

当然のことながら脱毛クリームのような即効性がないので、そのために「効かない」とか「効果が感じられない」という人もいるのだと思います。

 

天然由来成分のみを使用した肌に優しい抑毛剤「コントロールジェルME」は、抑毛成分を浸透させて安全にムダ毛の発育を抑制するものです。

 

つまり脱毛クリームのように皮膚の表面に働きかけるものではなく毛根に働きかけてゆっくりと効いてくるのです。

 

なのでムダ毛を今すぐどうにかしたいという人には不向きな商品と言えるでしょう。

 

しかし、脱毛クリームは皮膚にダメージを与えるので子供の肌には心配という方には肌に負担がかからないコントロールジェルMEがおすすめです。

 

 

コントロールジェルMEの評価・評判が異なる理由とは?

 

コントロールジェルMEのポイント

コントロールジェルMEに関する口コミ情報はネット上にたくさんありますが、当サイトでは特に目立った意見をピックアップしてみました。


数多くの口コミを見てわかったのは「毛の質」「毛の濃さ」などのタイプによって効果の現れ方や効果を体感できるまでの時間に個人差があるということ。また、コントロールジェルMEに対してどれだけの期待を持っているかによっても、効果の感じ方は異なっているようです。


例えば「ムダ毛を少しでも目立たないようにしたい」という目的で使用している方たちには比較的満足度の高い評価が得られています。一方で「ムダ毛を完全に無くしたい」という目的で使っている方にとっては、あまり評価の高い商品とはいえないでしょう。


ただしコントロールジェルMEはあくまでもムダ毛を徐々に細く目立たなくしていく「抑毛」のために開発された商品です。一部のサイトではコントロールジェルMEを脱毛クリームとして紹介していますが、脱毛や除毛などの効果はありませんので気を付けてください。


コントロールジェルMEの特徴は天然植物成分を使った安心・安全な抑毛ローションということ。敏感肌や乾燥肌の人でも使える肌に優しい抑毛剤だからこそ小学生のムダ毛処理にも最適なんですね。


またコントロールジェルMEは60日間というかなり長めの返金保証期間を設けているのも大きなポイントです。他にも返金保証期間を設けている商品はありますが、保証期間は長くてもせいぜい30日間。それに比べて60日間もあれば商品の効果をしっかり見極めることができますし「もしも効果がなかったらどうしよう?」というリスクもありませんので、お試し感覚で使うことができます。

 

※イラスト:こどもや赤ちゃんのイラストわんパグ

子供にはNG!ムダ毛処理で絶対にやってはいけないこと

ひと口にムダ毛処理といってもカミソリや毛抜きを使った手軽な方法から、家庭用脱毛器を使った自己処理、エステやクリニックに通ってのの施術など、その方法は実に様々です。

 

特に最近はムダ毛処理のグッズが多様化していますが、当然のことながらどの処理方法を選択するかによって費用は異なります。

 

また刺激に弱い敏感肌の人にはカミソリや毛抜きを使った方法は向いていないなど、自分の肌の状態に合った方法を選択しないとダメージを与えることにもなりかねません。

 

大人の女性であれば肌の状態や財布事情と相談しながら最適な方法を自分で選べますが、小学生のお子さんが自分に合ったムダ毛処理方法を選ぶなど無理なこと。

 

ですから、お母さんが自分のお子さんに最も適したムダ毛処理の方法をアドバイスしてあげることが大切です。

 

 

自己流の誤ったムダ毛処理は肌トラブルのもと!

 

まず最初に断言しておきたいのは、費用もあまりかからず自宅で手軽にできるからといって、カミソリや毛抜きでムダ毛処理をするのは絶対にダメということ。カミソリや毛抜きを使ったムダ毛処理は大人でさえ間違えたやり方を続けていると肌をボロボロにする原因になります。それをデリケートな子供の肌に使用するなんて危険すぎます。

 

 

もしかして、既にお子さんのムダ毛処理を行なっているという方の中にカミソリや毛抜きを使用しているという方はいませんか?子供の肌に負担のかかる間違った方法を続けていると、ムダ毛は処理できたとしても肌そのものへのダメージが高くなり傷だらけになる恐れがあります。

 

また、子供のムダ毛や体毛の毛深さで今まさに悩んでいるという親御さんは、カミソリや毛抜きを使用した方法でムダ毛を処理することは絶対に避けてください。

 

自己流の誤った方法でムダ毛の処理をしていると肌を痛めたり思わぬ皮膚のトラブルを引き起こすなど、キレイになるどころか逆に取り返しのつかないようなことになりかねません。

 

女の子イラスト

実際、間違った方法でムダ毛を処理したために毛穴が炎症したり、肌に負担をかけた脱毛の繰り返しで色素沈着を起こしクリニックに駆け込む患者さんがあとを絶たないそうです。

 

せっかくキレイにするためにムダ毛処理を行うのですから、適切な脱毛方法やアフターケアを行いお子さんの悩みを解消してあげましょう。

 

そして、お子さんの元気で明るい笑顔を一日も早く取り戻してあげてください。

 

 

やっていたら要注意!こんな方法は絶対にダメ!

 

もしも、こちらの項目に該当する方法で既にムダ毛の処理を行なっているという場合は今すぐにやめてください。

 

乾いた肌にカミソリの刃を直接当てたり無理に毛を抜いたりしてる

 

小学生も高学年ともなると友達の真似をして、このようなムダ毛処理をしている子もいます。乾いた肌にカミソリの刃を当てたり傷をつくりながら処理をすると、肌にダメージを与えるばかりでなく大人になってからカミソリ負けや埋もれ毛、炎症などで必ず悩むことになります。

 

お風呂場に置いてある古いカミソリには雑菌がいっぱい

 

湿気が多いお風呂場はたくさんの雑菌が繁殖している場所。お風呂場は衛生的なイメージがあると思いますが実際は雑菌の温床です。そんなお風呂場にずっと置いてあるカミソリはありませんか?もしも、お子さんがムダ毛を気にして、そのカミソリを使用したら・・・。古いカミソリに付着している雑菌が肌の傷などから入りこみ炎症を起こす原因にもなりかねません。

 

毛抜きを使ったお手軽なムダ毛処理は肌荒れの原因に

 

毛抜きを使ったムダ毛の処理は最もお手軽な方法のひとつですが肌荒れを引き起こす原因になります。毛抜きを使ってムダ毛を引き抜くと毛穴を無理に開くことになり、痛みを伴うだけでなく肌に大きな負担がかかります。毛穴が痛むと炎症を起こしたり毛穴から細菌が入る恐れがあるばかりか厄介な埋没毛になることも。毛穴から出るべき毛が外に出られず皮膚の中で伸びてしまう(肌から透けて見える)埋もれ毛は見た目にも汚いだけでなく対処する場合は無理やりほじくり出すしか方法がありません。

 

レーザー脱毛器は失明する危険性がある?

 

家庭用脱毛器には大きく分けてフラッシュ脱毛器とレーザー脱毛器の2種類があります。このうち取り扱う上で特に注意を必要とするのがレーザー脱毛器です。というのもレーザー脱毛器から発せられる光は「直進性が強い」だけでなく、「光のエネルギーが衰えにくい」という特徴を持っています。そのため離れた場所から照射したとしても、脱毛器から照射されるレーザー光線によって「失明」する危険性を伴っているのです。クリニックや病院で脱毛した場合はトラブルが発生した際に責任を持って対応してもらえますが、家庭用の脱毛器でトラブルが起きたときは全て自己責任でケアしなくてはなりません。

 

わざと日焼けをしてムダ毛が目立たないようにしている

 

日焼けをして目立たなくするということは、そもそもムダ毛の処理ではありませんが、これもオススメできない方法です。紫外線を浴びると人間の肌は有害な紫外線から肌を守るため更に体毛が濃くなります。また、子供とはいえ肌にシミができる原因になります。

 

 

敏感な子供の肌に脱毛剤は刺激が強すぎる!

 

ひと口に脱毛剤と言っても脱毛ワックスや脱毛ローション、除毛クリームなど商品の種類は様々です。

 

比較的安価で手に入り、使い方も簡単な脱毛剤は最もポピュラーなムダ毛処理法だと思いますが、あのツンとした独特の臭いはほとんどの方が苦手だと思います。

 

最近ではハーブの香りやフローラルの香りで脱毛剤特有の臭いを紛らわしている製品が登場していますが、ドラッグストアで手軽に購入できる多くの商品は刺激臭に配慮しているとは言えません。

 

また、脱毛剤は基本的に肌への刺激も強いので、肌荒れを起こしてしまう人も少なくありません。

 

脱毛剤の中には低刺激をうたっている製品もありますが、低刺激だからといって全ての人に合うとは限りませんし、特に敏感肌の人が使用する際は注意が必要です。

 

脱毛剤の臭いと刺激は大人でさえも敬遠したいものです。

 

それを小学生くらいのお子さんが使うなんて、ちょっと考えただけでも・・・・・。

 

成長途中の子供の肌は本当に敏感なので、できるだけ安心・安全な方法でムダ毛の悩みを解決してあげたいですよね。

小学1年生の子供でも自分の「毛深さ」を気にしてます!

「Benesse教育情報サイト」で実施した子供のムダ毛に関するアンケートによると、自分の毛深さを気にしているお子さんがとても多いことがわかります。
子どものムダ毛処理、うちはこうしています!(ベネッセ教育情報サイト)

 

このアンケートでは、毛深さの悩みを抱えている子供は高学年になるほど多く、「夏に半袖や水着を着る際、毛深さについてお子さま自身は気にしていますか?」という設問に対し、小学5年生では15%、小学6年生では20%以上が「自分の毛深さを気にしている」と回答しています。

 

それに比べて低学年では毛深さに悩んでいる子は多くないように感じられますが、それでも小学1年生で約5%、小学2年生以上になると10%以上の子供がムダ毛を気にしているという結果が得られています。

ムダ毛が原因でいじめに発展する可能性も?

子供のムダ毛処理に対して積極的に関与している人がいる一方で、「ムダ毛処理なんて子供にはまだ早い」、「デリケートな子供の肌にムダ毛処理なんてとんでもない!」という考えをお持ちの親御さんもいらっしゃると思います。

 

小学生の子供がムダ毛処理を行うこと自体に賛否両論がありますが、毛深い体毛で悩んでいるお子さん本人にとってムダ毛の悩みは親が想像している以上に深刻かもしれません。

 

例えば朝日新聞に掲載された「脱毛エステを利用する子供が増加」という記事も、「毛深い」とからかわれている子供たちがいかに深刻な悩みを抱えているかを物語っています。
http://www.asahi.com/fashion/topics/SEB201005080062.html

 

女の子イラスト

同記事に書かれているのは「幼稚園で毛深さを笑われた4歳の女の子が自分の腕の毛をはさみで切り、肌を傷つけてしまった」という話や「手の甲に生えた毛を男子生徒にからかわれ心を閉ざしがちだった中学2年生の女子」の話など。

 

また記事中に子ども向けの脱毛サービスを行なっているエステサロンが登場しますが、このサロンには「子どもが毛深さをからかわれ学校に行かなくなった」という相談が多数寄せられていたそうです。

 

そしてJ-CASTニュースでも「小中学生に広がるレーザー脱毛」という記事でムダ毛に悩む小学生・中学生たちの実態を取り上げています。
http://www.j-cast.com/2010/05/16066306.html

 

女の子イラスト

こちらの記事に書かれているのは「小学4年生の娘が半袖の体操着を学校へ持って行きたがらない」という話や「運動会の練習で男子に毛深いことをからかわれ、常に長袖とハイソックスを着用している女の子」の話など。

 

子供のムダ毛処理については批判的な声も少なからずあるようですが、こういった深刻な状況を考えるとムダ毛を処理することによって学校でのイジメやコンプレックスから解放されるのであれば親も積極的に取り組んであげるべきではないでしょうか。

 

食生活や生活様式の変化などを背景に最近の子供たちの体格は昔に比べて大いに向上しています。

 

それに伴って体毛が成長する時期も低年齢化し、大人のように「毛が濃い」、「毛深い」子供も増えています。

 

更に学校では体育の授業で体操着や水着に着替えなければなりませんし、ダンスの授業が必修化されたことによって肌を露出する機会が更に増えてきていますので、子供たちが抱える悩みやストレスは相当大きなものになっているはずです。

 

なお、子供が抱えているムダ毛の悩みに親が無関心だと必ず子供は自己処理をはじめます。

 

仮に正しい方法で処理を行っていれば肌に負担をかけることはありませんが、間違った方法で処理を続けていると肌を傷つけて取り返しのつかない状況になる場合もあります。

 

カミソリや毛抜き、除毛テープなどムダ毛処理の方法は色々ありますが子供の肌はとてもデリケートなので注意が必要です。

 

小学生のうちはムダ毛処理といってもどんな方法があるのかわからないという子がほとんどだと思いますので、親が積極的に関与して正しいムダ毛処理の方法を教えてあげることが大切です。

ムダ毛の悩みには親が適切なアドバイスを!

どうして私は、どうして僕は、他の子よりも毛深いんだろう・・・と悩んでいても、子供はその悩みを自分で解決することができません。

 

そのままムダ毛の処理を行わない限り、小学校生活の6年間、中学校生活の3年間と、いつまでも悩みを抱え続けることになるのですから、子供にとってはかなり深刻な問題になる可能性があります。

 

出来るだけ早くムダ毛の悩みを解決しておかないと、不登校になったり内気な性格になって、楽しいはずの学校生活が台無しになることも。

 

取り返しのつかないことになる前に、我が子を悩みの淵から救ってあげるためには、一番身近にいるお母さん、お父さんの協力が必要です。

 

大人の女性であればムダ毛の処理方法について友人に相談するという手段もあります。

 

でも小学生の子供はそんなわけにはいきません。

 

そうなると我が子の悩みを解決してあげられるのは身近にいる親しかいません。

 

しかし自分が子供の頃を思い出してみるとわかりますが、身体の悩みはなかなか親に相談しずらいものです。

 

もしかしたら、あなたのお子さんも親に気を使って素直に打ち明けられなかったり、体毛のことをどうやって相談したらいいのかわからないと悩んでるかもしれません。

 

自分のコンプレックスを笑い飛ばせるくらい強い子ならいいですが、たいていの子は気にしすぎて場合によっては学校に行くことさえ苦痛になることもあります。

 

実際、水泳の授業で肌を見せるのが恥ずかしいからという理由で登校拒否に陥った児童もいるのです。

 

女の子イラスト

もしも自分の子供が夏の暑い時期にもかかわらず長袖や長ズボン、ロングスカートを好んだり、プールを頻繁に休むようになったら「毛深さ」に対するコンプレックスの現れかもしれません。

 

このような兆候が見えた場合、親としては適切なアドバイスをしてあげたいものです。

 

毛深さや剛毛などとは無縁な子、体育や水泳の授業で何も気にせず肌を露出できる子にはムダ毛の悩みはわかりません。

 

我が子の身体の悩みを理解し解消してあげられるのは間違いなく親なのです。

 

お子さんが抱えている悩みには真剣に耳を傾けてあげて下さい。